開発コンセプトTOP
日本の家屋に適した製品を開発したい
当社は山口県美祢市に3箇所の鉱区を有し、高品質の石灰石を原料に鉄鋼用・建材用の生石灰、化学工業・製紙業・農業向けの消石灰などを製造・販売してきました。
取り扱い製品を利用して何か付加価値のある製品は開発できないかと探っていたところ、10年ほど前、ドイツ製のローラーや刷毛で簡単にできるしっくい塗料がでまわっているのを知りました。
当社では、日本の家屋により適した製品の開発を目指し、山口県産業技術センターと共同で漆喰製品の研究に着手いたしました。
昔ながらの漆喰の風合いを出すには?
消石灰を主成分に、接着性を持たせ、剥がれたりひび割れたりせず、かつぬりやすくするための研究には大変な苦労がありました。
「しっくのん」は従来の漆喰壁の風合いを出すために、有機樹脂の量を極力抑えています。酢酸ビニール系やアクリル系樹脂は接着性は高いのですが、臭気が強いので無臭のものを探すのには苦労をしました。
さらに、昔ながらの漆喰の風合いを出すために、消石灰や樹脂の種類・配合にも相当な時間を費やしています。また、消臭・VOCの分解に加え、下地の色を隠す機能がある光触媒も混ぜています。
活性炭を混ぜた製品の開発に成功!
「しっくのん」の発売後、しっくのんに粉末活性炭を混ぜた、「しっくのんA」の開発にも成功しました。
しっくのんはホルムアルデヒトを短時間で吸着しますが、しっくのんAは他の塗材では吸着しにくいトルエンなどの化学物質を強力に吸着・除去します。また、脱臭効果にも優れています。
山口県産業技術センター
山口県産業技術センター
DIYの購入者増加!
近年のDIYブームの影響もあり、リフォームはもちろん新築でも「自分で塗りたい」という問い合わせや購入が着実に増えてきています。
また、インターネットなどで安心・安全な壁材を探されて、問い合わせをいただくことが多くなりました。
「しっくのん」~無臭へのこだわり~
この度、原材料が自然素材のみの「しっくのん」を開発し、製造・販売することとなりました。
施工性、質感は今までの「しっくのん」と同等で、しかも臭い(刺激臭)がしないので、家族や施工者の健康を守ります。

【成 分】
消石灰、炭酸カルシウム、還元澱粉(でんぷん)糖化物、
メチルセルロース、顔料、粉末活性炭(しっくのんA)、水
しっくのんTOP